タグ:葛城 ( 7 ) タグの人気記事

葛城国と倭国 06




つづき


日本に仏教が伝わったのは、公式には538年、欽明天皇の時代とされることが多い。
(日本書紀では552年。)

これは覇権に勝ったヤマト王権の記録から見たもの。



葛城国は、ヤマト国より朝鮮半島と近しかったと考えられる。

葛城には、古いたたらの跡(和鉄の製造跡)がある。
鉄の原料は朝鮮半島南部のものだし、
葛城には渡来系の人(帰化人)が多く住んでいた。
紀の川は外国とつながっていた。
難波が大陸と京をつなぐ海の玄関となったのは、
ヤマト政権が固まってからだろう。

ヤマト政権が国々を統一するより前に、当然、大陸の文物は葛城国に伝わっている。

伝わっていたのは人や、鉄などの資源だけでない。
文字、仏教道教、暦、他の文化や宗教も伝わっていたはずだ。




日本で文字が使われたことが確認できるのは飛鳥時代頃から。
口承の伝統があった。

しかしもっともっと昔、卑弥呼の時代には、
すでに倭国は中国に正式な使者を送りやりとりしているのだから、
少なくとも弥生時代後期には、
卑弥呼とその周辺は文字を使った。


葛城に渡来の文化が伝わり溶けこむのに、充分な時間が経っていた。



つづく
by moriheiku | 2008-05-26 08:02 | 歴史と旅

葛城国と倭国 05




つづき


各地の国譲りの神話や遺跡遺構などから
ヤマト王権が周囲の国々を併合しながら覇権を握ったことが推察される。

葛城国とヤマト国間では争いも姻戚も繰り返され、
ヤマト王権が、奈良盆地の飛鳥を本拠に概ね形を成した飛鳥時代には、
葛城国はヤマト国にほとんど融合していた。

例えば、
嫉妬深いと伝説にも有名な仁徳天皇の皇后、磐之媛(いわのひめ)は
古墳時代の葛城氏の媛だ。
仁徳天皇との間に後の天皇を三人生んでいる。



ヤマト王権は葛城国とつながることで、
紀の国にも難波にもつながり、
つまり国内外とつながりを深くした。



つづく




─── <夕食> ────







─────────────
by moriheiku | 2008-05-26 08:01 | 歴史と旅

葛城国と倭国 04


つづき


ヤマト王権がおおむね固まる以前から、
紀の川(紀ノ川)河口から、
縄文、弥生、古墳時代を通して外来文化は葛城に入ってきていた。


葛城には古墳時代の製鉄、製ガラス(なんて言う?)、製銅の炉跡がある。
鉄の原料は朝鮮半島南(任那)のあたりから運ばれたもので、
葛城の国には、渡来系の人々も定住していた。


葛城一帯はもともとの土地の文化と、渡来の文化が、
早い時期から時間をかけて融合していた。

古い文化と、先端文化と技術もある国だった。


つづく





─── <夕食> ────







─────────────
by moriheiku | 2008-05-26 08:00 | 歴史と旅

葛城国と倭国 03



つづき


ヤマト王権が覇者となり、周囲の分立していた国々をまとめるまでは、
土地の豪族が治めてきた国は、
それぞれ、自分たちの神(国つ神)を祀っていた。

各国の政治のトップは、同時にその国の祭祀のトップであり、
彼等はヤマト王権下では国造(くにのみやつこ、こくぞう)とされた。


現在の天皇家に直接つながるヤマト王権は、
諸国を併合しながら、
古墳時代から飛鳥時代にかけてほぼ形をかためていった。

それは全国の古墳や祭祀の形、他から推測される。


つづく



─── <夕食> ────







─────────────
by moriheiku | 2008-05-25 08:02 | 歴史と旅

葛城国と倭国 02


つづき


ヤマト王権が安定し、難波を公の外港に使うまで、
紀の川(紀ノ川)河口の港が、
京を置いた飛鳥へつながる外国との玄関だったと考えられる。


ヤマト王権による中央集権がなされるより前の、
まだ各地の豪族がそれぞれの国を治めていた頃、
紀の川流域を(木の国、紀の国)を治めていたのが紀氏だ。


また、
紀の川(紀ノ川)沿いに東西に走る和泉山脈の東端と、
そこから北に延びる金剛山地の南端が接するあたり
(山脈を時計の針で例えれば、9時を指す時計の長針と短針の重なる針の根元付近)に、
拠点を持っていたのが鴨族、鴨(加茂)氏。

後に鴨氏は葛城氏に吸収されていったと思われる。


鴨、葛城氏は、
飛鳥と紀と河内の境、交通の拠点となる国を治めていた。





つづく







─── <夕食> ────







─────────────
by moriheiku | 2008-05-25 08:01 | 歴史と旅

葛城国と倭国 01



つづき


 
金剛山地は、大阪府と奈良県を隔てる南北に延びる山地をいう。
金剛山地は、北から二上山、葛城山(大和葛城山)、金剛山の順に連なる。
金剛山地南端より南は和歌山県。
金剛山地の最高峰は金剛山。


その金剛山地の南の端から、
西に向かって海まで続いている山地を和泉山脈という。
大阪府と和歌山県の境になる山脈だ。

和泉山脈の最高峰は和泉葛城山。
通常、葛城山というのは金剛山地の大和葛城山をさし、
和泉山脈の葛城山は和泉葛城山と言うことが多い。



金剛山地と和泉山脈を時計の針で例えると、
9時を指す時計の、長針が金剛山地、短針が和泉山脈となる。


その9時を指す時計の文字盤で
金剛山地と和泉山脈周辺の土地をあらわすと、

文字盤の右半分(1時から6時)が奈良県。
文字盤の残りの左半分の上部(9時~12時)が大阪府、
左半分下部(6時~9時)が、和歌山県となる。



奈良県と三重県境の
奈良県吉野郡と三重県大台町あたりを中心に広がる
日本一雨の多い大台ケ原を源流に、

紀の川(紀ノ川)が、
和泉山脈の南側に沿って西へ、海まで流れている。




紀の川(紀ノ川)は、
奈良県を通っている間は吉野川と呼ばれる。
和歌山県に入ると紀の川(紀ノ川)という名になる。

紀の川(紀ノ川)の河口は、大阪湾の南側にあたる。



つづく







─── <夕食> ────







─────────────
by moriheiku | 2008-05-25 08:00 | 歴史と旅

飛鳥から難波 竹内街



つづき

 
竹内(たけのうち)街道は、飛鳥から葛城を横切って難波(堺)へ抜ける道だ。
飛鳥京と海を結ぶ。

日本書紀に、613年推古天皇の時代「難波より京(飛鳥)に至る大道を置く」とあり、
竹内街道は日本初の官道と考えられている。

その道の長さは、
時代ごとで、また道の捉え方で違うが、長くて30キロメートル弱。
現在の国道166号線と重なる場所が多い。

竹内街道という名は明治時代に付いた。
もとは丹比道(たじひみち)と言われていたのだろうか。



道は、飛鳥から、当麻寺の南側、今の奈良県葛城市を経て、
金剛・葛城山系の北の端になる二上山、大阪府太子町を通る。

二上山南麓の竹内峠のあたりは、
敏達、用明、推古天皇、聖徳太子らの古墳が集まる“王陵の谷”と呼ばれている。
また二上山は石器に利用したサヌカイトの産出地でもあった。
道は推古天皇の時代以前からサヌカイトを運ぶ道でもあった。

そして道は、太子町から羽曳野市を抜け堺、大阪湾へ至る。




推古天皇の時代は、
聖徳太子(厩戸王)が政治にあたっていた時代だ。


海を伝って難波の港へ着いた大陸からの文化や物、使節、
僧や遣隋使、商人等が京(飛鳥)とを行き来した道は、この竹内街道であった。

海外からの使節を迎えるために、
特にこの道を整備したとも考えられている。

飛鳥時代の遺跡は海外の使節を迎えたと見られる施設が多い。



王陵の谷、飛鳥京の西方に墓を成し眠る聖徳太子(厩戸王)は、
それより向こう、海の向こうを見ていたと思う。









海の向こうへの扉である港を持つことが、どんな意味を持つことになるか。
それは難波の大伴家の港を考えてもわかるけれども。


折口信夫の生まれ育ちの場所。
まれびとは海のかなたから来るとする思想の展開。
著作「死者の書」に関わりの深い当麻寺、二上山。


竹内街道が通る金剛・葛城山あたりには、
今の天皇家に直接つながる国とは違う国があった。
製鉄の技術もあり、渡来系の人々も住んでいた。

修験の祖、役行者(役小角)は葛城の人でもあるし。


また、お能の流派はもとは大和猿楽四座から発生したそうだが。
飛鳥時代、聖徳太子(厩戸王)の宮が置かれ、
太子が建立した法隆寺(斑鳩寺)のある斑鳩町が、
大和猿楽四座の一つ金剛流坂戸座の発祥の地とされていることや、あれこれを思うに、
葛城の金剛がお能のシテの流派「金剛流」と
まったく無縁とも思われず。


面白いことだ。
それらはまたあとで。



つづく
by moriheiku | 2008-05-22 08:00 | 歴史と旅