花芽





ハゴロモジャスミンの小さな花芽が、

赤く色づいた。




鉢に植えたままのヒヤシンスは、

まだ短い葉の真ん中に、

かたいつぼみが見える。

小鳥のくちばしのように。





葉を落とし、

一本づつ

細く枯れた線になったユキヤナギの、花芽はふくらんで、

たくさんの雨粒のように枝についている。


春に真っ白い雪のような花になる。

白い花が土に積もる。







─── <夕食> ────





─────────────
by moriheiku | 2008-02-01 08:00 | 言葉と本のまわり
<< 「仮名序」和歌の背骨 熊野吉野 >>