伝運慶


つづき
 
台風以来のまとまった雨になって、
真ん中の日は、
吉野と熊野の境の山に行くつもりだったけど、
崖崩れや落石のある場所だから断念した。

奈良市内に居て、
佐保の大伴家持を追うような感じになった。


さっきから、替えの靴を持ってきていてよかったと
ぐるぐる考えていた。

もう足元はずいぶん雨に濡れてしまったから、
春日大社のあたりからちょっと下りて、
奈良国立博物館に入って、雨宿りと見学をした。

数日後からはじまる正倉院展の準備で、
新館はクローズ、本館のみオープン。

お仏像の殿堂。
何度来ても思いがけないほど時間がたつ。
今回も長く見ていて、
一通り見たあとは、いくつかの仏さまと木彫を幾度も戻って見た。

運慶作かとも言われる狛犬にも何度も足が向く。
頭に一角を持つ吽形のほう。

江戸の唐獅子調でない狛犬だ。
ずんぐりしたところはひとつもない。

木彫木像だが、
背中の毛と皮の下を通し、筋肉が、
今にも蠕動するかと思う。


もし、柔軟な鋼というものがあれば、
運慶の作るものはそれだ。

鎌倉期の建築や仏の像は、
どうしてこういう表情を持っているのか。

余計な肉付けのない、発達し締まった筋肉。

実際には骨のない木彫の、
身体の中心に太く骨が通るのを感じる。

気は丹田に静かに落とし、
背筋は立ち、胸が張られ、
吹いている風に向き合っているような。

力がみなぎっている。
その中の優雅。

建築や仏像木彫に見る鎌倉期の気風が好きでたまらない。
かっこいいーーー。

気風って言葉ぴったり。


皆、その気風に運慶を見て、
伝運慶がある。


同じ時期の思想、
平安末期から鎌倉期にいたる頃興った仏教思想も同様に、

法然、親鸞、栄西、道元、日蓮、あと一遍、明恵、

心を揺さぶる。



あ、あと、奈良時代が好きなんだけど。


人でない、人感の薄い、
抽象的な神像にも、気風はある。

この狛犬のたたずまいは、実際見ないとわからず、
見ることができてよかった。

談山神社の狛犬(伝運慶)に似ている。
先程の手向山神社で、伝運慶の狛犬(吽形 一角)獅子(阿形)の対が見られる。



私の判官びいきもはなはだしい。
大伴家持のこと。
大伴家持には、なによりきれいなところがあるから。

つづく

─── <夕食> ────





─────────────
by moriheiku | 2007-11-16 08:00 | 歴史と旅
<< 録画の小袖曾我 変換 >>