春日


つづき

雨足変わらず。

奈良市内にいて、
一度こうして雨宿りに建物に入ったけど、
やはり樹があるところへ行きたい。


奈良国立博物館近く、古い樹のある場所は、
先に横を通り過ぎた春日大社だ。

濡れた靴。
このまま雨中を行こう。

しかし春日山原始林でなく
春日大社へ参拝。


お社は平地に近いとはいえ、
雨の中、時折古い山のにおいがする。
そこに。ここに。

私は、山が好きだし、樹が好きで、森が好きだ。



国立博物館と春日大社は近い。

奈良公園内を春日大社に近づくにつれ、
周囲の木々のあちこちに、
比較的きゃしゃな藤の蔓がのぼっている。


藤の花は春。

今は葉も落ち蔓だけだが、
蔓だけでも、藤は美しい曲線を描く。

花の季節を過ぎた、
山中にうねる新緑の藤蔓の景色も美しい。

冬の山藤の太い蔓、藤の幹が、立ち木にからまる姿は力強い。



春日大社は、
平城京の鎮護として、藤原氏の氏神を祀った神社であったことから、
藤が大切にされてきた。

養われる藤と春日山原始林とは別の景色だが、

春日造のお社の朱塗、白壁、檜皮葺き、切妻造り、
地形にそって建てられた緩やかに昇る懸崖造りの御廊の、
軒に下がる無数の釣灯籠。

それに、藤花の房の、藤色のコントラスト。


やはりここは藤原氏にゆかりの深い社だ。

純然たる奈良の古社ながら、
他の奈良の寺社よりもう少し、雅が匂う。平安が匂う。

春日大社の持つ顔のうち、
匂やかな一面を印象付ける要素である中門は、
平安時代に創立されたものらしい。

つづく


─── <夕食> ────





─────────────
by moriheiku | 2007-11-30 08:00 | 歴史と旅
<< 大きい先生 01 サルにつられた >>