メッセージ



お稽古の部屋に入っていった時、
その日、はじめてお目にかかった先生は、生徒のおじいさんに、
「謡をされていますか」と尋ねていらした。
腹式呼吸ができているから、と。

おじいさんは、
だいぶ前に経験がおありとのことだった。


私のお稽古のあとで、
先生は、私が別の楽器をしているのかとお聞きになった。
全然。子供の頃くらいなもので。。

先生は、短いお稽古の間で、何を感じられたのだろう。
楽器をする人にはどんな傾向があるのかな。
おもしろーい。


あと、私の笛はどういう種類かお尋ねになった。

お答えして、
こういう笛はどういう音がするのかをうかがったら、
堅い音がするのだそうだ。

ええ!そうなの!


音が堅いって、一瞬、私が感情のない音で吹いているから;?とよぎったが、
経験豊富な先生がおっしゃるのだからそういうことでないでしょう。

音のかたいやわらかいは、
どちらが良いとか悪いとかでなく?
ただそういう音ということですか?とうかがったら、
良い悪いということではないのだそう。



やっぱり笛の種類で、だいぶ音は違うのねー。

どこかに私に合う笛があるかなー。

ほんの短い間に、
色々知らなかったこと気になっていたことをどんどん知れた。



数ヶ月前、教室の入り口に連絡用のプリントが置いてあった。
古い笛と新しい笛が入ったので、
御用の方は申し出てくださいという内容だった。

どういう人が先生に何かを聞いていいのかわからず、
その時なにも聞けなかった。


この日いらした先生に、
そういう時、先生に何か聞いていいものかどうかも聞いちゃった。

すると、
そういう機会はなかなかないので、笛を購入しなくても、
せっかくだから古い笛を吹かせてもらったら、
とのこと。


えーーーーーーーー!びっくり。


それは吹くことができるなら吹いてみたいなーー。 わあー。 ポワワァァン。。

笛は私のようなものに吹かれて、いやがらないものかしら~。
でも普段のお稽古で、吹かせてって言える?そんなこと言えない。



この日教えてくださった先生は、マンガに登場されてる先生で、
私もたまにブログを拝見して、
あたたかみのあるお人柄と感じていた。

それはそれは色々なかたのブログを読んでるけど、
それぞれの良さがあるけど、
ここまであたたかみがあるのはなかなかないくらいだ。うーーむ。

お人柄に余裕がおありで、
洞察力があって明るく、
能楽師さんらしくカンが鋭く真摯な感じがした。


前に、私、周囲に、
もしかして今日教えていただいた先生にお目にかかる機会があったら
こんなことお話しする~~と言っていたことがある。それは、

「マンガ拝見してます!昔弓道をしていたのでナチュラルも好きです!
前にBSで、いとこさんとのご関係を拝見して泣きましたっっ。」

そっちか!!

それは先生の登場されるマンガの作家さんへのメッセージよ!!

笛の先生に打ち明けてどうする。

けど、その先生に教えていただくことがあると思わなかったから、
勝手なことを言っていたの。





お稽古に、別の先生がいらっしゃるのはいつも突然。


いつも教えてくださる先生はどうなさったのかな。
先日の薪能、酷暑でお疲れでは・・。
でもそんなこと!ないない。ないでしょう。
お仕事がお忙しいのだろう。

そして私は、
いつもの先生がお忙しくて、
このお稽古場は無くなることがある?と、ふと心配になって、
その日教えていただいた先生にそんなことを聞きそうになったがやめた。
そんなこと聞いたって!その時はその時。



この日いらした先生にまた教えていただく機会は
たぶんないと思うけど。

失礼ながら今回、
ずうーーーーーっとどうしたらいいのかわからなかった、
笛の手入れ(掃除)のことをうかがえたから、それもよかった♪



ぷじょ~さんにこの日いらした先生の記事のことを言ったら、
職場からアクセスし、先生はゴルゴ13みたいと感想をもらった。ハハハハハハハハ。

デューク東郷(ゴルゴ13)より
和風な感じされてたよー。 ヽ(´▽`)/



─── <夕食> ────





─────────────
by moriheiku | 2008-08-07 08:00 | 音と笛のまわり
<< ジャネット・ケイ 音を造形する >>