芸能の発生 古代~中世 13 和歌と祝詞 呪師猿楽


つづき


神仏習合する方法にせよなんにせよ、
日本人はまったく関係のないところに、
まったく関係のないものは重ねない。

似たものに縁を見て、似たものを重ねてきた。


世阿弥も「蟻通」の中に、
まったく関連のないものはあらわさないだろう。



似たものに縁を見て、似たものを重ねてきたから、
幾重にも重なったまじないみたいになる。

けど複雑そうにみえるだけ。
根元はシンプル。

重なったものから、ほんとの筋を見るのだ。






全体をざっと見ようとしても私知らなすぎて。
長い平安時代をほとんど省いた感じ。


タイピング測定で稲妻より速いと測定されても、
キーボードを打つ速度が間に合わないー。
by moriheiku | 2008-07-31 08:04 | 言葉と本のまわり
<< 黒い宝石 芸能の発生 古代~中世 12 ... >>